準大手の税理士法人求人

税理士法人TOP >> 条件別の税理士法人求人 >> 準大手の税理士法人求人

準大手の税理士法人求人

そもそも税理士法人の世界で準大手とは、どういった企業を言うのでしょうか? 明確な基準がないので何とも言えないのですが、Big4と独立系の大手会計事務所を抜いた、従業員数が100名以上の法人を準大手の税理士法人と言うのかもしれません。 では実際、そうした準大手の税理士法人に入りたいと思ったら、どうすればいいのでしょうか? そもそも求人はあるのか、どこで求人を見付ければいいのか、今回はそのあたりを大手転職エージェントや準大手税理士法人のホームページなどを参考に、まとめてみたいと思います。

■準大手の税理士法人求人は、普通に出ている
結論から先に言いますが、準大手の税理士法人からの求人は通年で出ています。新卒至上主義ではなく実務経験を持った税理士が積極的に採用される世界なので、『マイナビエージェント』や『DODA』、『リクルートエージェント』など、中途採用や既卒の人の転職をサポートする転職エージェントをチェックすると、たくさん求人が見付かるという傾向があります。

例えば地方都市にある準大手の名古屋のアタックス税理士法人や名南税理士法人の会社のホームページ情報をチェックしてみてください。なるほど何らかの形で税理士を募集していると分かります。 その他の都市にある準大手も一緒です。準大手の税理士法人はクライアント数が2,000社以上などかなり手広く仕事を行っているので、優秀な即戦力を常に募集していかなければ人材が間に合いません。その意味で、準大手の税理士法人は、極端な言い方をすれば常に門戸を開いて優秀な人材を求めていると言ってもいい状況なのです。

まずは準大手税理士法人の公式ホームページをチェックするか、すぐに法人名が出てこない場合は、太いパイプを持っている大手転職エージェントに登録して、人材募集の情報を集めてみてください。 転職エージェントに登録をすると、キャリアコンサルタントがいろいろな形で転職サポートを行ってくれます。求人探しのついでに登録してサポートを受けられると、いいかもしれませんね。

以上、準大手の税理士法人についてまとめましたが、いかがでしたか? ただ、求人があるからといって、楽に入れるとは限りません。準大手クラスの税理士法人になると、実務経験が0であるような税理士は基本的に採用してもらえないと思った方がいいです。 経験が足りない人は、戦略的に実務経験を積むべく、中小の税理士法人に入社して、そこで3年から5年の経験を積んで、地元の大手・準大手の税理士法人に就職するなど、中長期でキャリアを考えてみてください。 その手のキャリア形成に関しては転職エージェントのキャリアコンサルタントも一緒になって考えてくれるので、ぜひとも協力を求めてみてください。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.