第二新卒可の税理士法人求人

税理士法人TOP >> 条件別の税理士法人求人 >> 第二新卒可の税理士法人求人

第二新卒可の税理士法人求人

第二新卒可の税理士法人求人は新卒採用以外の求人であれば見つけるのは難しくありません。なにしろ第二新卒は社会人になってから3年未満しか経っていない人のことを指すので、まだまだ将来性のある人材といえます。そのため、税理士法人によっては新卒の応募者と同じくらい積極的に採用することもあります。

実際に第二新卒可の税理士法人求人はたくさん出回っていますが、なぜたくさん出回っているかというと、新卒採用で一気に人を雇う税理士法人が少なくなってきているからです。新卒採用ではできるだけ優秀な人材を採ろうとするのですが、優秀な人材ばかりが応募してくるわけではないので、採用人数が定員に達しないことがあります。その場合は当然人材不足に陥ります。人材不足のままでは仕事をうまくこなせなくなるので、第二新卒の人材を取り入れることで、穴を埋めるのです。

具体的にはBIG4、準大手といった組織規模の大きい税理士法人が第二新卒可の求人を出しています。組織規模の大きい税理士法人は常に将来性のある人材を求めていますし、退職する人も多いので、第二新卒の人は参考にしてみてください。

ただし、組織規模の大きい税理士法人ではそれだけ求められる能力も高く、第二新卒であれば誰でも応募すれば受かるというものではありません。ある程度以上の学歴の高さがなければ書類選考の時点で落とされる可能性が高いです。そのかわり、採用されれば業界トップクラスの待遇を得ることができます。

中小規模の税理士法人でも企業によっては第二新卒可の求人を出していることがあります。中小規模の税理士法人は将来性のある人材を大量に雇うということはしませんが、しっかりした経営基盤があるところであれば、定期的に募集をかけます。

第二新卒可の税理士法人求人の雇用形態で多いのは正社員です。というのも、第二新卒を雇うとすれば、その税理士法人のノウハウをしっかり叩き込み、主力スタッフへと成長させていきたいものだからです。契約社員やアルバイトではできる業務が限られていますし、いつ辞めることになるかわかりません。

それだけに第二新卒可の税理士法人求人では「長く仕事を続けられること」を重視して応募者を選別します。特に第二新卒者の場合、一度別の会社を辞めているので、また雇ってもすぐに辞めるかもしれないと採用担当者が思うのは当然です。そこで簡単には辞めない忍耐力をアピールすることができれば、採用される可能性が高くなります。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.