残業が少ない税理士法人求人

税理士法人TOP >> 条件別の税理士法人求人 >> 残業が少ない税理士法人求人

残業が少ない税理士法人求人

残業が少ない税理士法人求人についてですが、職種でいえば事務職の求人があげられます。事務職は税理士をサポートするための職種で、規模の大きい税理士法人であるほど欠かすことができない存在です。しかし、基本的には一定の事務作業を行っていくだけなので、税理士と比べて残業が少ないことはもちろん、日によってはまったくないこともあります。

税理士法人の事務職は具体的にどのようなことをするかというと、まず書類の作成・管理があげられます。といっても税理士が扱うような専門的な書類ではありません。それはあくまでも有資格者の管轄であり、事務職は顧客データを資料にまとめることが主な仕事です。難しい知識がいらない分、取られる時間も少なく、業務時間内に終わらせやすい特徴があります。

それから会計ソフトの入力が事務職の仕事にあげられます。会計ソフトというと難しそうですが、近年は簡単に操作できるようになっているので、誰でもすぐに覚えることができますし、数字の入力だけで済むことが多いです。

また事務職ではどの業界もそうですが、電話や来客の対応を行うことも仕事のうちです。しかし、夜遅くになってから電話が来たり、来客があったりするようなことはないので、残業してまで対応するものではありません。

他にはどのような税理士法人の求人が残業が少ないかというと、雇用形態の話でいえば、アルバイトや契約社員の求人があげられます。正社員はどうしても雇用側からの期待が大きく、任せられる仕事も多いので、残業をしやすいです。しかし、アルバイトや契約社員はこまごまとした仕事を任せるために雇うものなので、長い時間の残業をさせてまで仕事をさせることはめったにありません。

近年は税理士法人をすぐに辞める人が増えているため、少しでもそういったことをなくす取り組みとして、求人に「残業時間の目安」を表記していることが多いです。残業時間の目安が書かれていれば、入社してから「こんなに残業しなければならないなんて聞いていない」といったトラブルを抑えることができます。

そのため、残業の少ない税理士法人求人を探す時はその項目に注目してみるといいでしょう。残業時間が少ない求人であれば高確率でそのことをアピールしているので、見つけやすいはずです。

ただし、基本的に残業が少ない求人だったとしても、税理士法人の繁忙期には残業が増えることも覚悟しなければいけません。繁忙期は冬から春の間の時期です。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.