外資系の税理士法人求人

税理士法人TOP >> 条件別の税理士法人求人 >> 外資系の税理士法人求人

外資系の税理士法人求人

税理士法人の仕事は激務だと言われています。中堅クラスの法人など業務体制が整っていない事務所の場合は、つら過ぎて退職を希望する人も多いようです。忙しくても金銭的に報われているのならば少しは頑張れますが、激務一般的な意味で外資系というと、外国に本社を置く企業の日本法人を意味する場合が多いです。しかし、税理士法人の場合、外資系というと大手の税理士法人グループ傘下であるBig4を指す場合が普通です。 外資系の税理士法人求人とはすなわちBig4なので、今回は「外資系企業」であるBig4の求人を考えてみたいと思います。

■「外資系」の税理士法人求人は、豊富に出ている
結論から先に言いますが、「外資系」とも呼ばれるBig4の求人は、企業の公式ホームページにも情報が出ていますし、各種説明会、転職エージェントなどにも出回っています。大手上場企業から日本進出をしている外資系企業に至るまで、数千社レベルのクライアントを抱えながら毎日の業務を行っている「外資系」税理士法人はとにかく忙しく業務を行っています。そのため、通年で若くて優秀な人材の募集が出ている状況があるのです。

実際、転職エージェントで働くキャリアコンサルタントに聞いても、「外資系」であるBig4からは正社員から非正規社員までいろいろなタイプの求人が出ていますし、日本での勤務を前提として採用する求人から、シンガポールなど海外の事務所勤務を前提として採用する求人まで、常時どこかの事務所で募集が掛かっているそうなのです。

■「外資系」税理士法人に行く前に、戦略的に実務経験を積む
ただ、外資系税理士法人であるBig4は社会人未経験者や実務経験の少ない人材の採用には極めて消極的のようです。やはり若くても中小の税理士法人や企業の会計・税務部門に長く務めた経験が求められるからです。 仮に実務経験や社会人経験が少ないながらも「外資系」税理士法人に勤めたいと思うのならば、数年後を見据えて戦略的に実務経験を重ねるしかありません。何の科目に合格した、どのような受験歴を持っているといった資格に関する強みよりも、やはり現場で使える実務経験を身に付けた方が評価されると言います。

語学力に優れている人は有利な職場みたいなので、5科目合格+実務経験、さらにTOEICで850点以上を目指すなど、語学力を磨いて自分を売り込む方法もありかと思います。

以上、「外資系」税理士法人の求人についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか? 繰り返しますが、日本の「外資系」税理士法人は、外資系税理士法人のグループというだけで、実際には外国の資本が入っていないBig4です。要するにBig4に就職・転職するつもりで準備を進めるといいのです。海外勤務などの夢を持っている人にも最適な選択肢です。頑張ってください。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.