ボーナスが出る税理士法人求人

税理士法人TOP >> 条件別の税理士法人求人 >> ボーナスが出る税理士法人求人

ボーナスが出る税理士法人求人

税理士法人の仕事は激務だと言われています。中堅クラスの法人など業務体制が整っていない事務所の場合は、つら過ぎて退職を希望する人も多いようです。忙しくても金銭的に報われているのならば少しは頑張れますが、激務でボーナスも出ないとなれば他人の人生がうらやましく見えてきて心が折れてしまうケースもあるかと思います。 そこで今回は、実際の税理士法人求人などを参考に、ボーナスの出る税理士法人求人の特徴をまとめてみたいと思います。

■充実したボーナスを受け取りたいなら、Big4に就職しないと厳しい
結論から先に言いますが、税理士法人の中でもBig4に就職すれば、かなりの確率で満足のいくボーナスが支給されると考えていいです。Big4各社での差はそれほどないので、特に気にする必要はないかと思います。賞与2回に加えて、業績が良ければ3回目のボーナスを受け取れる場合もあります。 とにかくボーナスが定期的にしっかりと欲しい場合は、Big4か独立系の大手税理士法人、あるいは地方都市の大手や準大手に潜り込まないと厳しいかもしれません。

中堅の税理士法人はボーナスが出る場合が多いですが、業績報酬と言う形で上下する場合も多いようです。決まった額のボーナスを給料のように見込みづらいという特徴があります。 まして、小規模の税理士法人は中小零細企業を相手にしているので利益に余剰分が生まれにくく、ボーナスを捻出(ねんしゅつ)しにくいという現状があるようです。ボーナスどころか残業代もほとんど出ない中小の税理士法人は普通にあるので、就職時には気を付けなければいけません。

■ボーナスが欲しいなら、一般企業という手もある
仮に定期的でたっぷりとしたボーナスを見込みたい、しかしBig4や大手、準大手などに入れない人は、一般企業の経理部や財務部に就職するという手もあります。 特に大手企業に入れば、ボーナスを含めた年収はBig4を超える場合が多いです。それほどの大企業でなくても、それなりの上場企業の関連会社や上場準備企業であればボーナスはしっかりと受けとれるので、ボーナスを何よりも重視する場合は一般企業への就職・転職もいいかもしれません。

以上、ボーナスの出る税理士法人について考えてみましたが、いかがでしたでしょうか? 繰り返しますが、税理士法人できっちりとボーナスを受け取りたいなら、Big4か独立系法人、あるいは大手・準大手に潜り込んでください。 仮にその手の法人に入れるだけの績がないという場合は、戦略的にキャリアを作っていって将来的に転職を目指すか、一般企業の財務経理部に移った方がいいです。 いずれにせよボーナスの実績や実情に関する情報は転職エージェントなどにも集まっています。各法人の内情を事前に知りたい場合は、その手の第三者サービスを利用すると安心です。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.