50代の税理士法人求人

税理士法人TOP >> 条件別の税理士法人求人 >> 50代の税理士法人求人

50代の税理士法人求人

50代はどこかの企業から声を掛けてもらう形で転職しないと、転職できたとしても待遇が落ちたりポジションが落ちたりと、なかなか厳しい現実が待っているのではないでしょうか? その傾向は、士業であっても同じような気がするのですが、いかがでしょうか? そこで今回は大手転職エージェントに出ている求人情報や各法人の採用担当者などの声を参考に、考えてみたいと思います。50代で転職を考えている人は、ぜひとも参考にしてみてください。

■管理能力などが買われる傾向がある
結論から先に言いますが、50代の税理士の転職は慎重に考えた方がいいかもしれません。見切り発車で会社を辞めてしまったものの、結局どこにも決まらず仕方なく独立以外の手しかなくなったという人も居るようです。どこかの税理士法人から求められて動く以外は50代の転職はかなり高いハードルがあると覚悟をしておいた方がいいかもしれません。50代で既に働いていられる場所があるのならば、その職場で最後まで頑張るという方法もありかと思います。

■能力や実績に圧倒的な自信がある場合は、チャンスはあり
ただ、実務経験が豊富で人脈を持ち、若手を管理・教育する自分の能力を示す何かを持っている限りにおいては、50代といえども転職のチャンスはあります。特に準大手や中堅規模の若手教育に力を入れながらも、マネジメント層が足りていない税理士法人は普通にあります。指導的立場を狙うといった潜り込み方が狙い目かもしれません。

以上、50代の税理士法人に関する考え方をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? 50代はまだまだやれるという気持ちがありながらも、転職は厳しいだろうという怖さが同居する年代だと思います。 どうしても転職をしたい、ただ自分の人材の魅力度が分からないという人は、転職エージェントに申し込んでみるといいかもしれません。申し込んで登録をさせてもらえるかをチェックするのです。 特に大手の転職エージェントになると登録者が多いので、転職に成功しそうな人から優先的に担当します。極端な話、転職に現実味がない人に対しては、 「現在、ご紹介できる求人がありません」 というスタンスで、登録させない場合もあるのです。そうした転職エージェントに50代でも登録できれば逆に、“転職可能な人材”と太鼓判を押されたと思って構いません。不安な人は一度、試してみるといいかもしれませんね。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.