40代の税理士法人求人

税理士法人TOP >> 条件別の税理士法人求人 >> 40代の税理士法人求人

40代の税理士法人求人

40代の転職と言うと、一般的にマネジメントクラスの募集に応募をしないと年収アップは厳しいのですが、税理士の世界ではどうなのでしょうか? 税理士の場合は40代で一般企業の財務や経理部門に転職する方法も現実的ですが、税理士法人にこだわると厳しいという印象もあります。 そこで今回は、40代の税理士にどういった求人が出ているのかを、考えてみたいと思います。

■40代の税理士法人求人は、ハードルが高いがニーズがある
結論から先に言いますが、40代の税理士法人求人は、ハードルが高いですがニーズは確かにあるようです。特にミドルマネジメント層の人材が薄い中堅・準大手の税理士法人から、幹部候補になるような人材が求められています。 ただ、ミドルマネジメント層であり幹部候補の募集である以上はかなりのスペックが求められるので、5科目合格はいうまでもなくBig4で国際税務の仕事をかなりやってきただとか、上場企業の経理や財務部門で管理職クラスだっただとか華々しい実績が必要になります。

もしくは顧客対応が得意で、コミュニケーション能力に優れ、豊富な人脈を持っているなどのストロングポイントを客観的に伝えられる材料があれば、引っ掛かる税理士法人も出てくるはずです。 しかし逆を言えば、採用担当者を「おっ」と思わせる経歴や職歴、実務経験、コミュニケーション能力、顧客対応力、人脈がない限り、40代で現状以上のポジションを手に入れようとしても実際は厳しい現実が待っていると予想されます。

何らかの事情で条件が落ちてもとにかく転職したいという人であれば、それなりに行き場所は見付かるはずです。しかし、待遇的にはかなり落ちる恐れもあるので、子育て真っ最中の40代では、なかなか厳しい選択肢だと思います。今居る場所で心機一転頑張るという決意があってもいいかもしれません。

■転職エージェントで自分の市場価値を探ってみる
仮に転職を希望した場合、自分にどの程度のニーズがあるのかを客観的に教えてもらいたい場合は、転職エージェントに登録してみると一番です。 申し込みをしてみて、すぐにサポートを受けられるかどうか、この点をチェックしてみてください。特に大手の転職エージェントは登録者も多いので、転職できそうな人材から優先してサポートします。仮にすぐサポートを受けられるようなら“売れる人材”と判断された証拠なので人材の魅力度は高いです。

以上、40代の税理士法人求人に関する情報をまとめましたが、いかがでしたでしょうか? 一般企業への転職を含めると、実際は選択肢が豊富なはずです。ただ、税理士法人だけと絞り込んで考えると、人によってはかなり厳しい現実が待っているかもしれません。 まずは自分にどれだけの市場価値があるのか、試しに転職エージェントに登録してみるといいかもしれませんね。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.