30代の税理士法人求人

税理士法人TOP >> 条件別の税理士法人求人 >> 30代の税理士法人求人

30代の税理士法人求人

一般的に転職のボーダーラインは35歳と言われています。「35歳限界説」という言葉を聞いた覚えのある人もいるかもしれません。そう考えると税理士法人への転職も35歳を境に一気にハードルが上がってしまいそうな気がするのですが、実際はどうなのでしょうか? そこで今回は、大手転職エージェントの求人動向や税理士法人の採用担当者などの声を参考に、30代の税理士法人求人を考えてみたいと思います。

■30代はまだまだ転職チャンスはある
結論から先に言いますが、30代に関していえば、税理士法人への転職チャンスはたくさんあります。人材によって30代でも5科目合格していない人も居るでしょうし、積み重ねてきた実務経験も異なっているはずですが、総じて有資格者で実務経験が5年以上あり、コミュニケーション能力に優れている人であれば、30代の後半であっても転職チャンスはたくさんあるようです。 Big4に採用してもらえるチャンスはまだありますし、都心部の大手、準大手、地方の準大手、中堅に至るまで、働き盛りの30代はいろいろな場所にチャンスがあると思います。

■30代は子育ての問題も
ただ、30代と言うと家庭を持っている人も多いはずですし、お子さんが生まれて子育てが忙しくなってくる時期でもあるはずです。そのあたりの部分を大切にしたい人は、職場選びは慎重になった方がいいかもしれません。 Big4はもちろん大手、準大手は常に忙しいですし、専門特化事務所であっても、地方の中堅事務所であっても、やはり多忙です。家庭やQOLを重視する人は、小規模な事務所で、所長がそこそこ年齢の行っている落ち着いた環境の税理士法人に就職できるとベストです。 ただ、その手の事務所は残念ながら給料でそれほど恵まれていないので、子育てに一番お金が掛かる時期には、多少物足りないという可能性も出てきます。 そう考えると30代の転職では一人一人に向き合って、その人の“事情”を本当の意味で考慮した上で職を紹介してくれる転職エージェントの利用は欠かせないと思います。ハローワークではその手のサービスは受けられません。

以上、30代の税理士法人求人について考えてみましたが、いかがでしたでしょうか? 一部の法人を除いて新卒至上主義がない税理士の業界です。30代はまだまだ働き盛りで人材に対するニーズも多いので、チャンスは豊富にあると思った方がいいかもしれませんね。 ただ、30代での転職は家族の人生も関係してくるので、くれぐれも慎重に考えてみてください。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.