20代の税理士法人求人

税理士法人TOP >> 条件別の税理士法人求人 >> 20代の税理士法人求人

20代の税理士法人求人

一般的に20代は転職市場で高く評価されます。特に20代後半で5科目に合格し、実務経験も5年くらいあると、Big4でも独立系大手・準大手でもどこでも入れる状況です。 ただ実際は、それほど恵まれた条件の20代は多くはないと思います。試験も3科目合格、経験も未経験や1年や2年といった感じの人が多いのではないでしょうか? そこで今回は受験生や未経験など、それほど恵まれた状況ではない20代でも受け入れてくれる税理士法人はあるのか考えてみたいと思います。大手転職エージェントなどの情報を参考にまとめるので、ぜひともチェックしてみてください。

■条件の悪い20代はスタッフ30名ほどの中堅を目指す
結論から先に言いますが、条件が優れていない20代の方は、地方や都心部にあるスタッフ30名ほどの中堅の税理士法人を目指すといいかもしれません。その手の事務所は、それなりのクライアントの数を抱え経営基盤をしっかりと持ちながら、スタッフの数もそこそこ充実しているので、忙しいながらも未経験の新人を積極的に受け入れてくれる土台があります。

この手の事務所はまだ若くて経験の少ないまっさらな人間を採用し、自社のルーティンワークを一手に引き受けさせてくるというデメリットも若手から見れば正直ありますが、働きながら5科目を受験したいという気持ちを一方では応援してくれます。 とはいえ、中堅の税理士法人は倍率も高くなるので、未経験で無資格である以上、高学歴やコミュニケーション能力が高い、語学力に優れているなど、何かしらの取っ掛かりが求められると考えておいてください。

■順風満帆の人はBig4を
逆に20代でありながら5科目に合格し、実務経験も既に5年ほどあるとなるとなれば、Big4の税理士法人がかなり現実的な選択肢になります。Big4は有資格者+経験者を優先的に採用します。実際に働いているスタッフも20代・30代と若手が中心となっています。 極めて激務で勉強との両立は不可能に近いので、受験生は憧れだけで挑戦するとむしろ後悔するかもしれませんが、ネームバリューはありますし、大手で働いているという誇りが持てます。給料もいいので、その点を魅力と感じる人には最適な選択肢です。 各社ホームページや説明会、転職エージェントなどに求人が出ているので、自信を持って応募してみてください。

以上、20代での税理士法人求人を考えてみましたが、いかがでしたでしょうか? 20代で税理士法人を目指す人の境遇はいろいろだと思います。ただ、20代であるというだけで、受験生であっても未経験者であっても、未来があるという点は間違いがありません。 現実のハードルは高いですが、諦めるにもまだ早いので、勉強と並行して就職・転職活動を頑張ってください。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.