KPMG税理士法人の採用情報

税理士法人TOP >> 大手税理士法人の採用情報 >> KPMG税理士法人の採用情報

KPMG税理士法人の採用情報

KPMG Internationalという世界的な税理士法人のメンバーである、KPMG税理士法人です。税務やコンサルティング業務を行うBig4の税理士法人の1つで、日系・外資系問わずいろいろな企業や個人に対してサービスを行っています。 そのような説明を聞くと、さすがに入社するにはハードルが高そうな印象を受けますが、そもそも人材募集の情報はどの程度の頻度で出ているのでしょうか? 今回はKPMG税理士法人の公式ホームページ情報を参考にまとめてみたので、興味のある人は参考にしてみてください。

■KPMG税理士法人からの募集は常にある
結論から先に言いますが、採用される・採用されないは別として、Big4の1つであるKPMG税理士法人からは、通年で人材募集が掛かっていると考えて構いません。募集情報が出るルートとしては、公式サイト、各種会社説明会、転職エージェントなどになります。実際にKPMG税理士法人の会社ホームページを見てみると、

定期採用
通年採用


という形で現に募集が出ています。ただ、それぞれ求めている人材が微妙に違うので、注意が必要かもしれません。

■定期採用について
定期採用は基本的に5科目合格しているものの実務経験がない人、あるいは実務経験はあるけれども2科目・3科目など科目合格者であるといった人材を募集する形になっています。東京や大阪など科目ごとに採用をしている状況ですが、採用プロセスとしては、

1. 履歴書、職務経歴書の送付
2. 書類選考
3. 書類選考通過者に面談

といった流れになるようです。具体的な仕事としては、 税務申告書作成業務 金融機関に対する税務上のアドバイス などとなっています。

■通年採用について
一方で通年採用に関しては、5科目合格者、経験者のみの募集になっています。応募方法は定期採用と大差がありませんが、仕事内容が違います。

国際税務に関する提言
財務、経済分析、調査、レポート作成
日系企業の海外事業展開に関するアドバイス業務
M&A、組織再編、事業統合、事業再生などの案件に対する税務サービス

など、幅広い分野で力を持った人材が求められています。

以上、KPMG税理士法人の求人に関する情報をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?  さすがにBig4なので優秀、かつ35歳以下、豊富な実務経験があり、英語力に優れているなどいろいろな条件を求められる場合も多いですが、実際は通年で人材を求めているほど人員確保にやっきになっているという現実があります。 チャンスはあるので計画的に自分のキャリアを磨き、転職を実現させてください。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.