税理士法人の仕事内容

税理士法人TOP >> 税理士法人転職の基礎 >> 税理士法人の仕事内容

税理士法人の仕事内容

税理士の仕事はご存じの通り多彩です。資格そのものに必修、選択必修、選択科目があり、簿記論、財務諸表論、法人税、所得税などいろいろな項目があるほどです。求められる能力が広範囲である以上、仕事内容も広範囲になるはずです。 そこで今回は、各種の関連情報を参考に、税理士法人の仕事内容をまとめます。今後税理士を目指している人も含めてチェックしてみてください。

■会社選びを間違えてはいけない
改めて確認しますが、税理士の仕事は本当に多彩です。開業税理士、社員税理士でも仕事が違いますし、税理士法人に所属している社員税理士でも、所属している法人の規模によって仕事も全く違ってきてしまいます。 上場企業をクライアントに持ち、国際税務などを行うBig4のような税理士法人もありますし、上場関連企業や上場準備企業をクライアントに持つ中堅の税理士法人もあります。単なる記帳代行をやっているような小規模の税理士法人もありますし、税務コンサルティングのような仕事をしている開業税理士も居ます。会社の規模でも仕事内容は全く違ってきてしまうのです。

仕事の内容はいろいろなので、逆に自分の希望する仕事を行っていない法人に所属した場合はフラストレーションがたまります。同じ規模の法人なら待遇はそれほど変わりがないので、やはり職場満足度を高めるためには自分の興味がある、将来的に伸ばしていきたい仕事を手掛けている法人を選んで入る必要があります。

■仕事内容は、直接聞いてみるしかない
ただ、税理士法人は2014年5月21日の段階で全国に2,748カ所ある上に、その1つ1つがどういった仕事に強いのか調べるとなると部外者には情報源も少ないので、大変だと思います。 Big4や大手、準大手は公式ホームページが充実していますが、逆に業務の規模が大き過ぎるので、業務経験が乏しい人材にはイメージがしづらいと思います。

各法人の仕事内容を最も確実に知る方法は、やはり転職や就職の面談の際に人事担当の人に直接いろいろと質問をすると分かりやすいです。ただ、全く希望と異なる職場の面接に進むまでの時間がもったいないという考え方もあると思うので、転職エージェントなど第三者的なサービスを利用して、あらかじめ各法人の業務内容と、自分の担当できる仕事を教えてもらった方が無駄な手間が省けます。

転職が当たり前にある税理士の世界では、転職エージェントなどの利用が不可欠かもしれませんね。

以上、税理士法人の仕事内容について考えてみましたが、いかがでしたでしょうか? 税理士の資格試験が広範囲にわたっている以上、税理士に求められる仕事内容は膨大です。仮に今、自分の希望と異なる仕事を任せられてもんもんとしている場合は、自分の今後伸ばしていきたい分野、現状で強みのある分野を手掛けている法人を探して、求人募集に応募してみてください。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.