税理士法人の転職と自己PR

税理士法人TOP >> 税理士法人転職の基礎 >> 税理士法人の転職と自己PR

税理士法人の転職と自己PR

税理士法人の転職で応募先が見つかった場合、自己PRを考える必要があります。というのも、転職するには採用選考を受けなければならず、そこでは自己PRをうまくできるかどうかが問題となるからです。基本的に税理士法人の採用選考は書類選考から始まります。そのため、まずは応募する書類に書く自己PRをどういう風にするかが先決です。また書類選考以降の採用選考についても応募した書類の内容をもとに行われるものなので、最初から最後まで一貫した自己PRである必要があります。

税理士法人で働いた経験が浅い場合、どのように自己PRの書類を作成すればいいのかわからないということも珍しくありません。しかし、わからないからといって、いい加減に作成しないようにしましょう。手を抜くと採用担当者にやる気のなさが伝わってしまい、採用されにくくなってしまいます。特に税理士法人の転職を考える人の中には就活対策を一切せずに応募する人もいるので、自分の就活スキルが十分かどうか応募前に確認しておくべきです。

自己PRの作成方法についてですが、もちろん税理士法人という業界を意識した内容のものを作成しなくてはなりません。税理士法人の業界の特徴はクライアントと税理士法人と自分の3つの要素があることです。税金に関わる課題を持つクライアントが税理士法人に依頼を持ち込み、その依頼を解決するために自分が仕事をするという仕組みになっています。

ここで最も大切となることはクライアントをいかに満足させるかということです。クライアントがいるからこそ税理士法人の経営が可能なわけですし、その売り上げから労働者を雇えるわけです。そのため、税理士法人で働くスタッフは常にクライアントに対してどのような貢献ができるかという意識を持っておく必要があります。自己PRにもそういった意識を取り込むことで、採用担当者から「この応募者は業界を理解している」と思わせることができます。

ただし、クライアントを優先するあまり、自分や税理士法人をおろそかにしてしまう内容の自己PRをすると、今度はあまり評価されません。なぜならクライアントが大切なのはもちろんですが、労働者が気持ちよく働き、税理士法人が順調な経営を保ってこそ、質の良いサービスを提供できるからです。いくら身を犠牲にしてクライアントに奉仕したとしても、無理をすればサービスの質は下がりますし、そうなると結局クライアントは離れていきます。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.