税理士法人の転職と転勤

税理士法人TOP >> 税理士法人転職の基礎 >> 税理士法人の転職と転勤

税理士法人の転職と転勤

税理士法人の転職を考える時、転勤があるのかどうか気になる人も多いでしょう。しかし、基本的に税理士法人には転勤がありません。そのため、転勤が嫌な人にとっては税理士法人という業界は非常に向いているといえます。

万が一税理士法人で転勤があるとすれば、それは大手の税理士法人となります。というのも、大手は全国さまざまな地域に事業所をかまえていることが多く、ある事業所から別の事業所に移る可能性もなくはないからです。

しかし、もともと転勤がないのが当たり前の業界であるため、転勤の必要が出てきた場合は社員に配慮して行われます。人それぞれ家族や生活スタイルなどの問題がありますが、それらを考慮し、本人の了承を得てからはじめて転勤という形になります。そのため、税理士法人に入ってから転勤の話が出てきた時は自分の希望を伝えるといいでしょう。

ただし、今後、転勤を積極的に行おうとする大手税理士法人が現れたとしてもおかしくはありません。その場合は求人に転勤に関する記述があるはずなので、転職する時はその項目を見逃さないようにしておきましょう。求人に転勤があると書いてあったにもかかわらず、入社後に「そんなことは知らなかった」といってもトラブルになるだけです。

転勤は安定した生活を乱す原因になりますが、決して悪いことばかりではありません。転勤は税理士にさまざまな地域の事業所で経験を積ませるという目的があるので、税理士法人の上層部から期待されているということになります。転勤での経験をしっかりと生かすことができれば、そこから幹部を目指すことも可能です。そのため、大して転勤が苦ではないという人はむしろ転勤のある税理士法人を狙って転職するということも考えておいていいでしょう。

税理士法人は業績がよければ経営方針次第で事業所が増えていきますし、事業所が増えていけば自然と転勤の可能性が高くなっていきます。中にはどれだけ会社が大きくなっても転勤だけはさせないようにしている税理士法人もあるでしょうが、長く勤めるつもりであれば最低限の覚悟はしておきましょう。転勤を断り続けるのは当然税理士法人の上層部からすれば印象がいいことではありません。

よほど転勤が気になる場合は求人応募前もしくは応募時に応募先の税理士法人に問い合わせてみるのがいいでしょう。ちゃんとした法人であれば現時点でどのような体制なのか、また今後どういった体制になる可能性があるのかといったことを教えてくれるはずです。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.