税理士法人の求人倍率

税理士法人TOP >> 税理士法人転職の基礎 >> 税理士法人の求人倍率

税理士法人の求人倍率

税理士法人に入るための競争倍率は基本的に高いと聞きます。しかも玉石混交の人材ではなく、税理士資格に合格をするような向学心の強い人材が集まるので、高い競争倍率に加えて優秀な人材と戦わなければいけません。 そう考えると極めて転職や就職が厳しい“イメージ”がありますが、実際はどうなのでしょうか? そこで今回は、税理士法人の採用担当者などの声を参考にしながら、税理士法人の求人倍率を考えてみたいと思います。

■税理士法人の競争倍率は数十倍?
残念ながら税理士法人の有効求人倍率は厚生労働省から発表されていません。その意味で正確な求人倍率は分かりませんが、税理士法人の採用担当者の言葉を幾つか集めると、基本的に1名の採用に10名から30名の人材が集まると言います。そう考えると、大まかな競争倍率は10倍から30倍と考えられるかもしれません。

しかも、それほど市場価値の高くない人材ではなく、市場価値の高く向学心に優れた人間が1つの求人に10人から30人集まるので、かなりの競争になります。ある採用担当者の声を聞く限り、現在は不景気が続いているので小さな事務所は特に、予備的な人員を囲い込む体力がないそうです。景気のいいころであれば社会経験のないような若手を余分に囲い込んで、育てるゆとりが小規模の事務所でもあったそうですが、現在は実務経験の豊富な即戦力を最低限の数だけ採用するみたいなので、上述のような高い競争倍率になってしまっているようなのです。

■落ちて当たり前の気持ちで、複数の税理士法人にエントリーする
そう考えると最初から1社に過剰な期待をしないで、どんどん重複して応募をしておいた方が安全です。仮に落ちたとしても引きずらずに、次へ次へと動いていった方が気持ちも楽だと思います。 転職エージェントなどに登録しておくと税理士法人の求人が複数集まってくるので、連続応募も可能になります。その手の第三者サービスを上手に使って、転職や就職を勝ち抜いてください。

以上、税理士法人の求人倍率についてまとめましたが、いかがでしたか? 一般企業と違って税理士法人の場合は新卒至上主義では全くありません。むしろ新卒は実務経験がない分だけ、マイナスに評価される場合もあるようです。新卒でないからといって悲観する必要は全くありません。 誰もが苦労をしながら職場を探し、少しずつキャリアを重ねていく業界です。1回や2回の採用試験に失敗したからといって気にするほどでもないので、とにかく転職エージェントなどを利用しながら、何度でも、何歳からでも挑戦し続けてみてくださいね。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.