税理士法人の面接対策

税理士法人TOP >> 税理士法人転職の基礎 >> 税理士法人の面接対策

税理士法人の面接対策

税理士法人の就職や転職は、優秀な人材が応募してくるのでかなりの競争になります。Big4、大手・準大手のような税理士法人のみならず、上場関連企業をクライアントに持つ中堅の税理士法人であっても、しっかりと準備をして採用試験にのぞまないと採用はなかなか厳しいです。

特に書類選考通過後の面接で最終的な採用・不採用は決まってしまうので、そのあたりもしっかりと対策をしておきたいですよね? そこで今回は、税理士法人の面接対策として何をするべきか、大手転職エージェントや税理士法人の人事担当者の声を参考にまとめてみたいと思います。

■コミュニケーション能力と向学心をアピールする
結論から先に言いますが、書類選考を通過して面接にまでたどり着いた人材は、コミュニケーション能力と向学心を見るみたいです。ジュニアやシニアの段階は疑問点や課題を自ら見付けて、マネジャーやパートナーにぶつける能力が求められますし、マネジャー以上のクラスになるとクライアントとのコミュニケーションが不可欠になってきますし、社内チームや部下とのコミュニケーション能力も求められます。

また、5科目を合格し実務経験を積み始めた税理士であっても、法律や消費税の変更などに常に対処していかなければいけません。受験後も勉強は永遠と続くので、学ぶ行為そのものが好きな人でなければ評価されません。コミュニケーション能力と向学心を見られていると思って、面接にのぞんでください。

■事前に練習ができれば完璧
コミュニケーション能力を求められる以上、面接の練習は万全に行っておく必要があります。 「私はぶっつけ本番でいい」 と思う人も居るかもしれませんが、周りの人はしっかりと対策を練ってきています。可能な限りしっかりと準備をして、本番は多少力を抜いて挑むくらいのスタンスがベストだと言われています。 ちなみに面接の練習に付き合ってくれるような人が身の回りに居ない場合は、転職エージェントなどに登録すると担当者が面接の練習を行ってくれます。求人を掲載している税理士法人の採用担当者がどのような質問を過去にしたかについても情報を持っているキャリアコンサルタントが多いので、その手のスタッフと一緒に対策を練るという選択肢も十分に魅力的です。

以上、税理士法人の面接対策についてでしたが、いかがでしたでしょうか? 繰り返しますが、ぶっつけ本番だけは避けた方がいいです。周りは想像以上に対策を立ててくるので、ライバルに負けないくらいの準備を行って本番にのぞんでください。 大手転職エージェントに幾つか登録しておくと、複数のエージェントから違った角度で税理士法人の面接情報を提供してもらえる可能性もあります。いろいろと工夫して対策を練ってみてください。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.