税理士法人の転職と英語力

税理士法人TOP >> 税理士法人転職の基礎 >> 税理士法人の転職と英語力

税理士法人の転職と英語力

税理士法人の転職をする際、英語力が求められることがあります。どのような税理士法人で求められるかというと、外資系の法人があげられます。一般的には外資系というと、海外に本社を置き、日本に支店を置くケースを指しますが、税理士法人の場合は海外に事業を進出させている国内大手法人を指すことが多いです。

日本の大手税理士法人はBIG4と呼ばれています。そのため、外資系といえばそのBIG4の税理士法人のことを指すと考えていていいでしょう。これらの税理士法人は公式サイトを通じてさまざまな情報を公開しているので、安心して転職できるメリットがあります。

大手というだけあってBIG4の税理士法人は非常に多くの海外からの依頼を受け付けています。そのため、英語を使うからといってのんびり仕事できるわけではありません。基本的に業務は忙しく、効率的に仕事をこなす力がなければなかなか務まりません。

基本的にBIG4の税理士法人は英語能力があるだけでは雇ってくれません。さまざまな社会経験や実務経験も含めて豊富な人材を積極的に採ろうとします。もちろんそれだけ高いレベルの条件を求めるだけあって、給与や労働環境は非常にいいものとなります。

BIG4以外の税理士法人ではまったく英語がいらないかといえば、そういうわけでもありません。外国人や海外からの依頼を受け付けていない法人であればいりませんが、受け付けているのであれば英語力があるにこしたことはありません。

特に近年は依頼の幅を広げたり、他の税理士法人と差別化するために外国人や海外からの依頼に特化しているところもあります。その場合は顧客のほとんどが外国人もしくは外資系法人ということになるので、そこで働くスタッフは当然基本的な英語ができる必要があります。

以上のように英語力が必要な税理士法人に勤める場合、海外の法律や税金事情についても知っておかなければなりません。いくら英語でコミュニケーションが取れたとしても、税理士としてのアドバイス、サポートができなければ意味がないからです。

どれくらいの英語力があればいいかといえば、ビジネスで通用するレベルの能力があれば十分です。それだけの英語力があればどこの税理士法人に転職するとしても即戦力として活躍できること間違いなしです。特にこの業界はBIG4も含め常に人材不足を生んでいるので、求人を探しやすいですし、すぐに重要なポストに就くこともできます。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.