税理士法人への転職活動

税理士法人TOP >> 税理士法人転職の基礎 >> 税理士法人への転職活動

税理士法人への転職活動

現状の職場に不満を覚えて、あるいはスキルアップや実務経験を求めて異なる税理士法人に転職を考えている税理士の方は多いかと思います。 ただ、税理士法人といっても規模も社員数も手掛けている仕事の内容もばらばらで、一概には言えない部分があります。そういった多彩な税理士法人に転職をする場合にはそれなりのこつがあるので、今回は税理士法人への転職活動で注意したいポイントをまとめたいと思います。

■事前の情報収集が全て 結論から先に言いますが、税理士法人への転職活動は、事前の情報収集が明暗を分けてしまいます。その理由は簡単で、繰り返しになりますが、就職先の選択肢が多過ぎるからです。 国税庁の発表によると、2014年5月21日現在で全国の税理士法人の数は2,748カ所あります。しかも、税理士の活躍の場所は企業内税理士の道もあります。財務や税理に関する専門知識を持っている人材はやはり企業内で高く評価される傾向があり、年収1000万円を超えるような上場企業への転職も可能なのです。

ただ、考え方によっては税理士が選べる職場の数は多過ぎるとも言えます。選べる職場の数が多くなれば、転職や就職した後のミスマッチのリスクも当然高まってきます。やはり同じ税理士であっても、自分の身の置き場所によっては、日々の満足感がかなり違ってきます。転職後にミスマッチを起こさないように、事前の情報収集がかなり重要になってくるのです。

■第三者のアドバイスをもらった方がいい 税理士法人や企業など、税理士の選択肢が多過ぎるというというだけでなく、応募する人の状況もいろいろだという問題があります。3科目しか合格しておらず、実務経験を積みながら資格の勉強をしたい受験生も居るでしょうし、独立したけれど勤務税理士に戻らざるを得ない人も居るかと思います。家庭の事情で仕事のやりがいよりも年収を優先しなければいけない人も居るはずです。

そういった一人一人の細かいニーズと、実際に出回っている求人の実情を掛け合わせる作業は想像以上に困難です。転職先が多い、しかも応募する人材の背景が全く違う税理士の転職では、転職エージェントなど第三者の協力を求めた方が一般的にいいと言われています。

『リクルートエージェント』や『DODA』のように無料で税理士の転職サポートをしてくれるサービスもいろいろとあるので、転職を考えている税理士の先生は、自分一人で抱え込まずに、第三者のサポートを積極的に受けてみてください。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.