税理士法人の採用基準

税理士法人TOP >> 税理士法人転職の基礎 >> 税理士法人の採用基準

税理士法人の採用基準

税理士法人に転職を考えている人からすれば、何か事前にその法人の採用基準みたいな情報を手に入れられると楽ですよね? どのような人材が評価され、どのような資格や学歴を持っていると優先的に採用してもらえるかなど、基準が分かっていると準備がしやすいです。 そこで今回は、税理士法人の採用基準は一般的にどんな感じなのか、また細かい採用基準はどうやって調べればいいのか、そのあたりを考えてみたいと思います。

■採用基準は一緒だと思ってはいけない
結論から先に言いますが、税理士法人の採用基準は一概にはいえない部分があります。むしろ、何か共通した採用基準があると思ってしまう方が危ないかもしれません。 その理由は簡単で、税理士法人といっても規模はばらばらで、扱っている仕事、取引のあるクライアントの種類や規模、トップの人材に対する考え方も違っており、各税理士法人で求める人材のニーズは完全に異なっているからです。

実際、ある税理士法人が採用した人材の前職を調べてみると、金融機関、学生、上場企業の経理、人事、監査法人、会計事務所、社労士事務所、コンサルティング会社などさまざまです。高い学歴、有資格者の方が有利である点は一般的に間違いないそうですが、30代で社会人経験0、無資格でも人格の良さと将来性を感じれば採用に至ったという実績もあるそうです。 そう考えると、各法人で何を採用の基準にしているか分かりません。資格の有無や学歴を重視する法人もあれば、あいさつや礼儀、雰囲気、笑顔などを重視する法人があってもおかしくありません。 採用基準は1つではないと考えた上で、採用試験を受ける法人に合わせてそのつど対策を変えてみてください。

■採用基準は転職エージェントでも調べられる
ちなみに各法人の採用基準は、転職エージェントなど税理士法人の求人を扱っている第三者サービスの担当者に聞くと分かる場合が多いです。その手のサービスは過去に採用された人や採用されなかった人のデータをかなり持っているので、そうした情報から“採用されやすい人材像”をかなりのレベルで把握してくれています。 登録して求人に応募する際には、“理想の”人材像に近づくための準備を一緒に担当者が手伝ってくれるので、本気で税理士法人を考える場合はその手の転職エージェントの利用も検討してみると言いかもしれません。

以上、税理士法人の採用基準についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか? 採用基準は○○と決めてしまった方が楽かもしれませんが、現実は各法人で異なっている状態です。エントリーする法人1つ1つをよく調べて、しっかりと対策を立ててみるといいかもしれませんね。

税理士法人の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014-2017 税理士法人求人サイトランキング All Rights Reserved.